カテゴリ:からくり箱って?( 2 )

からくり箱とは…?(2)

「箱」というからには「収納部分」があります。
この「収納部分」を探すのがおもしろい箱なのですが、
まず、ふたがどこかわからないものがあったり、
『ここがふたでしょ?』と思ってもなかなか開かなかったり、
実はそこがふたじゃなかったり…。
手強いものから、拍子抜けしちゃうものまで、さまざまなものがあります。

a0220500_15463172.jpg





どんぐりが気になっちゃったり…。


a0220500_1546921.jpg





なぜか、たい焼きだったり…。



よく、お客様からお電話で「どれがお勧めですか?」と聞かれます。
作品はちょっとお高いので、HPの写真や案内文だけでは
買うのに勇気がいりますよね。

でも、その方がどの程度の難度のものを必要としているか、またその難度も経験や感じ方、
その時のひらめき(!)によっても違うので、
一概に「あなたにはこれがお勧めです」と言えないのです。

お客様ご自身がさわってお好みのものを探していただくのが1番かと思うのですが、
私たちは実店舗を持っていないので、
実際にお客様が作品にふれる機会が少ないのも実情です。
(ごめんなさい…)

このブログまたはからくり創作研究会のHPにて
できるだけ展示会情報を載せさせていただきますので、
機会がありましたら、ぜひ足をお運びになり、実際にさわって楽しんでみてください。


それから…。
展示会にお越しになり、作品にさわられましたら、
「開けたら閉める」ということをお願いします。
『持ってみたら、ふたが開いていた』では興醒めですよね。
収納部分を見つけることが出来ましたら、今度はふたを閉めるところまでやってみてください。
ものによっては、ふたを開けるよりも難しかもしれませんよ。
[PR]
by karakuri_box | 2012-01-05 15:57 | からくり箱って?

からくり箱とは…?(1)

私たちが「からくり箱」と呼ぶものについて、少しご説明いたします。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
江戸末期より、箱根が観光地として発展し、様々なアイデアをこらした「お土産」が作られてきた中で、
小田原・箱根地域の多くの職人達の中に分業化された形で、
高度の木工技術・アイデアが蓄積されてきました。
特に、組木・秘密箱はパズル的要素を含んだことから、広く人々の人気を集めることとなり、
現在の「からくり」へと発展しました。
このようなパズル的な「からくり」の生産地は世界に類を見ません。

1999年、この伝統技術・歴史的財産を基礎にし、
さらに楽しく、品質の高い「からくり」の創作を目指して活動する職人集団「からくり創作研究会」が
発足しました。
この「からくり創作研究会」では、各職人がそれぞれアイデア、趣向を凝らし、
さまざまな「からくり箱」を創作しています。
着色はほとんどせず、木の持ち味を生かした作品が多いのも特徴です。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

まぁ、このブログで紹介しているものは、要するに「なかなか開かない箱」なのです。
[PR]
by karakuri_box | 2012-01-04 11:43 | からくり箱って?