<   2012年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

展示販売会のお知らせ -小田急百貨店新宿店-

バレンタインギフトフェア in 小田急百貨店 サンドリーズアレー×LOVE×NIPPON MONO ICHIが
小田急百貨店新宿店2階 サンドリーズアレースウィングスペースにて開催されます。

会場にはカバンやお花などバレンタインにぴったりなものがたくさん並びます。
私たちはそんな中に混じり、バレンタインで贈りたい・贈られたい作品を約20種類ピックアップして展示販売します。

期間 2月1日(水)~14日(火)
10:00~20:30 (月~土)
10:00~20:00 (日)

なかなか開かないこの箱にあなたの想いを入れてみませんか?
 

お近くにお越しの際はぜひ足をお運びください!
[PR]
by karakuri_box | 2012-01-25 12:04 | イベント

からくりパズルアイデアコンテスト 作品大募集!!

小田原・箱根「からくりパズル」を広める会主催のからくりパズルフェスタ2012のイベントのひとつ、
『からくりパズルアイデアコンテスト』の募集が始まりました。
写真は第3回(2011年)のもの。

a0220500_17375710.jpg
a0220500_17385573.jpg

このコンテスト、その名の通り、からくりパズルのアイデアを募集して、
そのアイデアをからくり職人が実体化するという企画。
今年は第4回目となります。

応募は下は4歳の子どもから上は74歳のおとなまで、
北海道から鹿児島(沖縄の方!ご応募お待ちしています~)まで幅広くいただいています。


パズルの専門家とからくり職人ががご応募いただく中から厳正なる書類審査をし、
さらに可能な限り職人と発案者が顔を合わせ、仕掛けなどの話合いを行い、
ようやくアイデアが実体化する…というけっこう壮大な企画です。
実体化させるのも1か月から2か月かかってしまいます…。大変だ。

a0220500_1738893.jpga0220500_1738411.jpg
a0220500_17382392.jpg

出来上がった作品は夏休み期間中、箱根にある彫刻の森美術館に展示します。
a0220500_17595829.jpg
さらに、来館のお客様による投票がされ、各賞が決定されます。
a0220500_1801195.jpg

表彰式も同美術館で行われ、
表彰状とともに副賞として出来上がった作品が
なんと、もらえちゃうんです!
a0220500_17391211.jpg
写真は表彰式に参加してくださった受賞者の皆さんと広める会の名誉会長・会長・副会長と担当したからくり職人。

皆さんも応募してみませんか?
締切は3月31日。
応募用紙はこちらからダウンロードできます。
 ↓
小田原・箱根「からくりパズル」を広める会
[PR]
by karakuri_box | 2012-01-19 18:18 | イベント

からくりクラブ会員大募集!(2)

からくりクラブについての続きです。

<会費とかは?>
入会費および年会費があります。
・入会費 5,000円 初年度のみ
・年会費 10,000円
入会費は作品集『進化するからくり箱』等と事務手数料が含まれます。
年会費はクリスマスプレゼント代を含みます。


クリスマスプレゼントの追加は1個につき8,000円です。
職人一人につき1個までです。
追加をご希望の方はお申し出いただければ、
振込手数料のかからない振込用紙を送付させて頂きます♪

a0220500_1804396.jpga0220500_17544867.jpga0220500_17545942.jpg
a0220500_17551721.jpga0220500_17553043.jpga0220500_17553966.jpg2011年のクリスマスプレゼントとして製作された作品。
これらは全部”箱”なんです!さて、どこが開くのかな…


<支払方法は?>
入会および作品の販売はすべて代金引換郵便にて発送させて頂いています。
代金は配達員にお支払いください。
なお、代引き手数料・送料等は別途頂きません。

<何かイベントとかはあるの?>
クラブとしてのイベントはありませんが、
からくり創作研究会が行うイベント(展示・販売会)や
小田原・箱根「からくりパズル」を広める会が主催するイベント等の
お知らせを優先的にさせて頂きます。

今年も早速小田原・箱根「からくりパズル」を広める会主催のイベント、
からくりパズルフェスタ2012の「からくりパズルアイデアコンテスト」の募集が始まりました。
昨年のクラブ会員には応募用紙を送付させていただきました♪
皆さま、ふるってご応募ください。


クラブのお申し込みはこちら↓
info(a)karakuri.gr.jp ←(a)を@に変えてください。
お電話・Faxでも受け付けています。
からくり創作研究会
[PR]
by karakuri_box | 2012-01-18 18:18 | からくりクラブとは

からくりクラブ会員大募集! (1)

からくりクラブ会員を募集します。

<からくりクラブって?>
もともとはからくり創作研究会のメンバーの一人、亀井明夫のファンクラブでした。
今はからくり箱を創る、職人集団「からくり創作研究会」のファンクラブです。

<からくりクラブに入るとどうなるの?>
◆クリスマス(12月半ば)に作品がご自宅に届きます◆
ちなみにこのクリスマスプレゼント、作る職人は選べますが、
どんなものが届くかは箱を開けてみてのお楽しみです。
事務局も各職人から納品があるまで、どんなものかがわからないので、お問い合わせに応じられません。
(職人指名締切期限 6月末日。7月に入りますと生産数を確定し製作に入るため、
以後のご注文についてはご希望に添えない場合があります。
その場合は他の職人の作品が届くことがございますので、ご承知おき下さい。)
入会すると1個もらえますが、追加することが出来ます。

a0220500_18204835.jpgこんなのや

a0220500_1821774.jpg こんな形があったり…

a0220500_18213088.jpgいかにも動きそうな板があったり…。


◆会員特別価格にて優先販売があります◆
一般の方よりもずっとお得なお値段にて作品をご提供。
新作販売や再生産品などがあると、一般販売に先駆けて、メールやお手紙等でお知らせします。
生産数の少ないものなどは抽選になるため、一般には出回らないことも…。

◆入会時に作品集をプレゼント◆
過去の作品が300点以上も載った作品集『進化するからくり箱』と作品集編集後に発表された作品をまとめたバインダーをプレゼント。
一度きりしか作られていない、今となっては幻の作品も知ることができます。
a0220500_18223670.jpg


ほかにも…。
会員限定読み物『からくり新聞』発行やさまざまなイベント・展示販売会のお知らせなどをお届けします。


お申し込みはこちら↓
info(a)karakuri.gr.jp ←(a)を@に変えてください。
お電話・Faxでも受け付けています。
からくり創作研究会
[PR]
by karakuri_box | 2012-01-17 18:28 | からくりクラブとは

からくり箱とは…?(2)

「箱」というからには「収納部分」があります。
この「収納部分」を探すのがおもしろい箱なのですが、
まず、ふたがどこかわからないものがあったり、
『ここがふたでしょ?』と思ってもなかなか開かなかったり、
実はそこがふたじゃなかったり…。
手強いものから、拍子抜けしちゃうものまで、さまざまなものがあります。

a0220500_15463172.jpg





どんぐりが気になっちゃったり…。


a0220500_1546921.jpg





なぜか、たい焼きだったり…。



よく、お客様からお電話で「どれがお勧めですか?」と聞かれます。
作品はちょっとお高いので、HPの写真や案内文だけでは
買うのに勇気がいりますよね。

でも、その方がどの程度の難度のものを必要としているか、またその難度も経験や感じ方、
その時のひらめき(!)によっても違うので、
一概に「あなたにはこれがお勧めです」と言えないのです。

お客様ご自身がさわってお好みのものを探していただくのが1番かと思うのですが、
私たちは実店舗を持っていないので、
実際にお客様が作品にふれる機会が少ないのも実情です。
(ごめんなさい…)

このブログまたはからくり創作研究会のHPにて
できるだけ展示会情報を載せさせていただきますので、
機会がありましたら、ぜひ足をお運びになり、実際にさわって楽しんでみてください。


それから…。
展示会にお越しになり、作品にさわられましたら、
「開けたら閉める」ということをお願いします。
『持ってみたら、ふたが開いていた』では興醒めですよね。
収納部分を見つけることが出来ましたら、今度はふたを閉めるところまでやってみてください。
ものによっては、ふたを開けるよりも難しかもしれませんよ。
[PR]
by karakuri_box | 2012-01-05 15:57 | からくり箱って?

からくり箱とは…?(1)

私たちが「からくり箱」と呼ぶものについて、少しご説明いたします。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
江戸末期より、箱根が観光地として発展し、様々なアイデアをこらした「お土産」が作られてきた中で、
小田原・箱根地域の多くの職人達の中に分業化された形で、
高度の木工技術・アイデアが蓄積されてきました。
特に、組木・秘密箱はパズル的要素を含んだことから、広く人々の人気を集めることとなり、
現在の「からくり」へと発展しました。
このようなパズル的な「からくり」の生産地は世界に類を見ません。

1999年、この伝統技術・歴史的財産を基礎にし、
さらに楽しく、品質の高い「からくり」の創作を目指して活動する職人集団「からくり創作研究会」が
発足しました。
この「からくり創作研究会」では、各職人がそれぞれアイデア、趣向を凝らし、
さまざまな「からくり箱」を創作しています。
着色はほとんどせず、木の持ち味を生かした作品が多いのも特徴です。
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

まぁ、このブログで紹介しているものは、要するに「なかなか開かない箱」なのです。
[PR]
by karakuri_box | 2012-01-04 11:43 | からくり箱って?